yunico's fluffy life

横着主婦の暮らしの詰め合わせ

【パンについて語る】ご質問のお返事と、週刊はてなブログに記事が載りました🍞

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

先日更新された【週刊はてなブログ】に
当ブログの記事が紹介されていました🙌🏻✨
 

週刊はてなブログの記事blog.hatenablog.com
 
紹介していただいた記事yunico-fluffylife.com

公式さんのブログに自分の記事が載るとは
思ってもみなかったので、嬉しい😆♡

オレンジとナッツのパンは
自画自賛するほどうまうまなパンなので
作っていただけて、感激です!

 

 
さて、パン繋がりで
▼こちらの質問にお答えしようと思います!

いただいたご質問の返信順が
バラバラになっている点、すみません💦
メッセージ送ってくださっている方、
お返事もう暫くお待ちください🙇‍♀️

 

 

 

パンのレシピが大雑把な理由

パン作りをしてみるとよく分かるのですが
レシピ通りの分量なのに
レシピのような生地にならないことがあります。
それは手捏ねでもホームベーカリーでも🍞

  • 使う粉の種類
  • 室温・水温・手の温度

このような些細なことで生地の具合が変わります。

なので当ブログのレシピでも
○○g/mlと書いた上で
※様子を見て調整してねと追記しています✎

私はホームベーカリーに
捏ね~1次発酵までを任せることが多いですが
自動で捏ねてくれるホームベーカリーでさえ
材料の量・発酵時間を調整することがあるので
手捏ねなら尚のことです💡
 

夫とパン作り(手捏ね)をした時の話

全く同じ材料・分量で一緒に作り始め
私は問題なく捏ねることができましたが

パン作り初めて&手の温度が高い夫さんは
生地がベタベタのまま全くまとまらず
「なんで俺のはちゃんとできないのー」と凹🙄

様子を見ながら分量外の粉を足して
無事に上手にパンを作ることが出来ました。

上手くできないことに凹んでいたのは
レシピに書いてある通りに作らなければ
と思っているからですね。

え?じゃあレシピなんて要らないの?
というわけではないので
具体的な私の考えを以下にまとめてみました。

 

 

パン作りに対する私の考え

レシピ分量はあくまで『目安』
目安を基に、丁度いい分量・感覚を
自分で調整できるのがパン作り☺️

と考えています。

例えば水分量
ベーグル・食パン・フランスパン…
様々なパンがありますが
パンによっての水分量は
粉に対するパーセンテージで決めます。(加水率)
一般的な加水率は以下の通りです。

ベーグル 60%以下
食パン 60~70%
フランスパン 70%以上

私は食パンのレシピを基に
丸パンや菓子パン・惣菜パンをよく作るので
粉に対して毎回約65%の水分を加え、
さらにそこから

  • 生地が緩くて扱いにくければ粉を足す
  • 生地がいつもより固いと感じたら水を足す

と言った具合で調節しています。

また、水を牛乳など別の液体に置き換える場合は
そもそもの量を若干変えなければなりません。
これについて詳しく書くと記事1つ分になるので
割愛しますが、この場合もあまり難しく考えず
生地が扱いにくければ粉や水分を足す。
で、美味しくパンは作れていますよ☺

パン屋さんなら
毎回同じパンを作らなければいけませんが

おうちパンなら
「今回のパンは前回のよりふわふわ!
このパンがお気に入りだから
今回の分量をベースに作っていこう!」と
パンを成長させていくことが出来ます🍞

気楽に、楽しく、手軽に挑戦できるのが
おうちパン作りの醍醐味かなと思っています♬

 

 
以上の考えから、私は
「材料は“このくらい”」
「生地が“こういう状態”になればOK」
みたいなアバウトな書き方になっています。

お菓子作りと違って、
「分量は○○gです!」
「こんな風に捏ねなければいけません!」
と言い切っていくと
楽しくない場面が出てくると思ったので
大雑把な表記になっております☺

私流の基本のパン作り(手捏ね)

以上の理由から、特にパン作りに関しては
大雑把に覚書を残していましたが
基本の捏ね方についても
一度記事にした方が良いかなと思いました!

手捏ねの場合、工程の写真が撮りにくいので
今まで記事にしていませんでしたが
近々、夫さんにカメラマン頼んで
一通りの工程撮影やってみようと思います☺

 

 

使用している道具について

生地を捏ねる機械

私は家事の合間に生地を作ることが多いので
個人的にパン捏ね機があると便利に思います。
パンを捏ねる機械は

  • ホームベーカリー
  • パンニーダー

がありますが、ニーダーは少々値が張るので
私はホームベーカリーを使用しています。


捏ね機を使うメリット
  • 時間の合間に生地が作れる
  • キッチン・作業台が散らからない
  • 初めてでも落ち着いて生地の確認ができる
手捏ねのメリット
  • 生地の状態を最初から手と目でわかる
  • とにかく楽しい

 

 

めん棒

生地のガス抜きや延ばすのに使用します。
ナッツを砕いたりするのにも使えますよ🥜

スケッパー

生地を分割する時、引きちぎるのはNG🙅🏻‍♀️
スケッパーでカットして分割します。
生地の分割は包丁でもできますが
スケッパーは生地をまとめるのにも使用するので
あると便利だと思います。

オーブン機能

フライパンで作るようなレシピもありますが
基本のパンはオーブンで焼くので必要です。

その他

なくてもパンは作れるけど、私が持っているものです。

  • パンマット・捏ね台
    パンを捏ねる時に敷くマットです。
    キッチンの作業台を綺麗にすればマットや台は不要。
    生地が張り付きにくいメリットはあります。
  • パン型
    食パンなど、特定の形でパンを焼きたい場合
    型が必要になります。


型は⬆こちらが超おすすめです!
焼きあがったあとパンが
するんっと外れるのでノンストレスです✨

 

 

おすすめのショップ

▼ここで一式揃う、おすすめのショップさんです。

参考になれば嬉しいです☺
それでは、今回はこのへんで!
お読みいただき、ありがとうございます。
それではまたね🧸◌𓈒𓐍